江別の保育園ならおおあさ認定こども園へ

おおあさ認定こども園

お気軽にお問い合わせください

011-386-8626

お知らせ

3/19 たんぽぽ組工事中

雪解けもすすみ、あちらこちらで土や地面が見え始めていますが、まだまだ雪遊びを楽しんでいます。

「さぁ、今日も温泉を掘るよ!」と合図が飛び交います。「ここの穴は危ないね。橋をかけておこう」と、黄色いシャベルを並べる子もいます。まるで本物の工事現場のようです。

「キラキラ宝物みたい」と、色のついた氷を持ってきて見せてくれました。色付き氷がどこにあったのか聞いて様子を見に行くと、すでに女の子達が集っていました。どうやらお料理をしている様子。「イチゴ味のドーナツになるんだよ」と教えてくれました。

こちらはケーキ屋さんのようです。この時期の雪は、バケツやプリンカップなど形を抜きやすくて、遊びの幅も広がります。

「みて!こんなに大きな雪の塊がとれた」「よし!宝物だ」と、こちらはトレジャーハンターごっこ。「秘密の場所に隠しておこう・・・。」と園庭中を確認していました。

園舎裏の広場へも行って来ました。少しずつ聞こえる春の足跡を確認しましたよ。

「この石の下に、虫いるかな?」「あれ~?まだ起きていないねぇ」と、ちょっと残念そう。

「豆おちてたよ」の声に地面に目をやると、さやえんどうのような種子が沢山落ちていました。「これ、植えたら、空まで伸びるかな?」と、絵本『ジャックと豆の木』のお話しの中へ。子どもたちは、絵本の世界へ入ることが上手です。

木の穴を見つけると「ちんぷ~く ま~んぷ~く あっぺらこ~の きんぴらこ!じょ~んが~ら ぴっこたっこ めっきらもっきらどうどん!」と、絵本『めっきらもっきらどうどん』に出てくる呪文を唱えます。へんてこりんな3人組が出てこないかとワクワクして穴を見つめていました。

園へ戻ってからは、初めて【ハンカチ落とし】をして遊びました。皆でゲームを出来るようになった姿に、大きな成長を感じます。これからも色々な遊びに挑戦したいです。

お知らせ一覧へ >

ページトップ